2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.07 (Sun)

クロウンの頼みごと(ポーターLv1)

~第14話~ リン・ドール♪の冒険

銀行改装

【リン・ドール♪】
 クレナさん、こんにちは~
 すごいね~
 銀行、改装したんだね~

【クレナ】
 いらっしゃいませ、リン・ドール♪さん。
 心機一転ですわ。^^
 配送カウンターがとなりに来たのよ。
 依頼もあるようですし、クロウンのところによってみればいかがでしょう?
 ところで少し、顔色が優れないようですが、具合でも?

【リン・ドール♪】
 いや~あはは。^^;
 昨晩、飲みすぎちゃってね~
 昨日居酒屋で知り合った、ちょうどこのくらいの・・・
 !あ~!@@

【クロウン】
 さけぶな、リン・ドール♪。
 頭に響く。><

【リン・ドール♪】
 なあんだ、クロウンさん、銀行員だったのか~
 昨日はごちそうさま。^^
 って、私よりも顔色悪いよ?

【クロウン】
 そ、それなんだが、・・・
 昨日お客様から、預かっていたお金を使ってしまったんだ><

【リン・ドール♪】
 !え~!

【クロウン】
 ばか、声が大きい。@@
 とりあえず、アンタも一緒に飲んでしまっただろ?
 同罪だ。
 配送を代行しろ。

【リン・ドール♪】
 ぐうう~><

【クロウン】
 ま、まあ、無償とは言わん。
 このバッグをやる。
 銀行の販促物だけど、RS一のブランド、マルシアクリスタルだぞ。
 ほら、ポケットがたくさんついていて、かわいいだろ?
 今のバッグよりも少したくさん入るはずだぞ?

【リン・ドール♪】
 うわ、おもいっきし、パチモンくさいブランド名だこと・・・^^;
 ま、まあしかたがない、行ってあげるよ。

使い込んじゃったのね

【リン・ドール♪】
 あ、そうか。
 エルランさんって、つい先日、荷物を配送した人だよね・・・?
 そういえば、もう少し忘れ物をしてたって、言ってたっけ・・・

古都・ポーター買い込み

リン・ドールです。
今回のクエストは、かばんを広くする称号、ポーターLv1です。
このクエストと、銀行顧客Lv1は、お互いにもう一方の続きのクエストになっています。
つまり、永遠に続く連鎖クエであると思います。
エルランさんは、どうしてこんなに重たい荷物ばかり忘れているのでしょう?
と、言うよりも、エルランさん1人で、持てる量の荷物なのか?
今まで、何人の(何万人だよね?)プレイヤーキャラが、これらのクエストで、エルランさんに荷物を運んだのか・・・
想像もつきませんが、とんでもない量のはずですよね。^^;

一箇所は別アイテム

配送するべきアイテムは、すべて古都で、購入できます。
MOBからドロップした、OPつきのアイテムでも、良いようです。
以前は、かばんのスロット30個をすべて埋め尽くしていましたが、少し前の修正で、29個運べばよいように変更されました。
一箇所空いたところで、別のクエアイテムを運びたいですね。
そう、ポーターLv1と、銀行Lv1は、同時に受諾して、進めるのが吉です。^^ノ
もっとも、これらのアイテムは、装備可能なので、修正以前でも、同時進行可能だったんですけどね。^^;

(※さらに修正されて、14スロットまで縮小されてます。2012/8/7追記)
ポーター1アイテム


ハノブ西南

【リン・ドール♪】
 エルランさん、おまたせしました~

まだ忘れてるの?

【リン・ドール♪】
 え?
 まだ、忘れ物があるんですか・・・

ポーター1ゲット

【リン・ドール♪】
 ただいま~
 届けてきたよ。

【クロウン】
 ああ、おかえり。
 代行、ありがとう。
 約束のバッグだ。
 ・・・販促物だけど・・・^^;


※ 今回のストーリーは、実際のクエストのセリフ進行と若干違いが有りますが・・・このくらい、いいよね。^^;


☆リン・ドール♪の冒険・第14話<完>
<<第15話目次第13話>>

テーマ : RED STONE ジャンル : オンラインゲーム

10:42  |  RS・♪の冒険  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.06 (Sat)

美しいイヤリング

~第13話~ リン・ドール♪の冒険

橋の手前で、エルランに荷物を渡すと、ハノブに向かった。

【パスィバル】
 そうか、ハノブまで行くのか、・・・ワシの故郷じゃ。

銀行からのクエストでハノブ方面に向かうことを告げると、パスィバルが言い出したからだ。

【パスィバル】
 あの橋まで行くのなら、ハノブの町に、寄ってみろ。
 ハノブには、ワシの幼馴染でウェントリードというやつがおるんじゃが、腕のいい飾り職人じゃ。
 たずねてみるがいい。
 まわりのモンスターどもは、もしかしたら、今のおまえさんの手に余るかも知れん。
 十分気をつけるんじゃぞ。

【リン・ドール♪】
 ウン、分かった。
 よってみるよ。

リン・ドールです。
今回のクエストは、【美しいイヤリング】です
女性キャラ専用のクエストで、耳飾りの装備アイテムをもらえます。
ランダムオプションのジャイアントイヤリングをもらえるという、1stキャラであれば、うれしいクエストですね。
ちなみに、男性キャラの場合同じハノブのミュセンから【不思議なマント】という、クエストを受けることができます。

ハノブ・ウェントリード

【リン・ドール♪】
 こんにちは、ウェントリードさん。
 パスィバルに、話を聞いて来たんだけど・・・

【ウェントリード】
 やあ、ハニー。
 君のために、ステキなイヤリングを作ってあげよう。

美しいイヤリング

ウェントリードさんは、体形に似合わず(?)女心をくすぐります。

亀さん卵ください

対象のMAPは、古都下です。
スッポン又は、淡水亀の卵のかけらを3個集めます。

卵の殻

【リン・ドール♪】
 はい、ウェントリードさん。
 集めてきたわよ。
 きれいな卵の殻ね。^^

美しいイヤリング・完了

【ウェントリード】
 やあ、ハニー待たせたね。
 今回のイヤリングだよ。
 君に良く似合いそうだ。^^

【リン・ドール♪】
 うふ、ありがと。^^

ジャイアントイヤリング


☆リン・ドール♪の冒険・第13話<完>
<<第14話目次第12話>>

テーマ : RED STONE ジャンル : オンラインゲーム

15:27  |  RS・♪の冒険  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.10 (Sun)

銀行顧客登録(銀行Lv1)

~第12話~ リン・ドール♪の冒険

【リン・ドール♪】
 えぇっ!?
 必要ないよ?

指輪を、装備スロットの半分ほどそろえた頃だった。
パスィバルが銀行口座を開くべきだと言ってきた。

【リン・ドール♪】
 銀行に預けるほどの装備もお金も持ってないもん。

【パスィバル】
 ま、確かに今のおまえさんじゃ、な~んも、持っておらんだろうて。
 しかしの、一流を目指すのなら、銀行の信用もまた必要になってくるのじゃ。
 悪いことは言わんから、行ってきなさい。

【リン・ドール♪】
 う~ん

【パスィバル】
 それに、・・・
 運が良ければ口座を開設する時に、依頼を受けれるかも知れんぞ?
 スーパークエ派なら、見逃す手はないと思うぞ。

古都銀行クレナ

【クレナ】
 いらっしゃいませ。
 ご新規さまですね、口座の開設ですか?

【リン・ドール♪】
 う、うん・・・

【クレナ】
 お見受けした所、冒険者さまのようですが、・・・
 いま、ちょうどクエストがあるのです。
 どうでしょう?
 よろしければ、依頼をお受けいただけますか?
 報酬は、一般より信用ランクを一段上げての、口座開設となりますが?

【リン・ドール♪】
 あ、うん、クエストがあるなら、やるよ。

荷物の配達

リン・ドールです。
♪(おんぷ)は、銀行内の雰囲気にちょっとビビっている様子ですね。^^;
私達がレッドストーンで銀行口座を開設するときは、必ず遂行することになるクエストですが、プレイヤー的には当然のクエストも、キャラクターの目線で考えた場合、口座の開設に依頼が付随するかどうかは、分からないはずですし、そもそも銀行と取引しようと思う冒険者の数も少ないのではないかと思うのです。
このリン・ドール♪も、設定的に考えると、銀行で口座を開設しようなどと考えないはず。^^;
しかし、受けてもらわないと、ストーリーが進展しません。w
そこで、ご登場いただきますのが、初心者の味方、パスィバルさんです。
ええ、彼はきっと駆け出しの冒険者達に、いろいろな情報を教えているはずだと思うのです。
あと、スクリーンショットを見てお分かりだと思いますが、アップデイト前の銀行ですね~。

【クレナ】
 エルラン様のいらっしゃる地域は分かりますか?
 もし分からなければ、銀行入り口の警備員に聞いてください。
 詳しく教えてもらえるはずです。

【リン・ドール♪】
 あ、はい、ハノブ方面は、初めてだから聞いてみるよ。

エルランさんの場所

古都から東方向へ3つ目のマップ、街のテレポータを利用した場合は、ハノブから西南のマップです。

ハノブ西南

橋の手前で待っている、エルランさん。^^;

荷物を持ったエルランさん

【リン・ドール♪】
 エルランさんですか~?
 荷物を持ってきましたよ~

【エルラン】
 おお、やっと来たか・・・

まだまだ忘れ物・・・;;

【エルラン】
 しまった、・・・まだここで、待ってないとダメか・・・><

・・・いったいこの人は、こんなに重たい荷物をいくつ忘れたのでしょうか?w

【リン・ドール♪】
 ただいま、クレナさん。
 エルランさんに、荷物を届けてきたよ。

【クレナ】
 ありがとうございます。
 続きまして・・・

遭難救助サービス

このレッドストーン界の銀行は金融業務だけではなく、配達や保険といった業務も、になっているようです。
リア日本の郵便局を、想像するのが、いちばん近いような気がします。
そして、配達は冒険者に依頼しており、保険の調査員も冒険者のようですね。
しかし・・・冒険者には、お金を貸付してくれないようです。^^;

【クレナ】
 わたくしは、よく知らないのですが、警備員がぴくっこ獲りによく行くそうです。
 場所が分からなければ、彼に聞いてみてください。

ぴくっこの場所

古都←↑のマップに移動します。

【リン・ドール♪】
 このあたりだと思うんだけど?
 どこだろう?

シンクさんどこ?

シンクさんは、移動するNPCです。
緑の線で囲んでいるあたりにいらっしゃるようですね~

いましたシンクさん

【リン・ドール♪】
 あ、いた!
 だいじょうぶですか~?
 シンクさん~!

平気なシンクさん

【シンク】
 おいおい、大丈夫もなにも、ぴくっこごときにやられてちゃ、ぴくっこ獲りが勤まるわけがないだろう?

これがぴくっこ

ちなみに、このイモ虫が、ぴくっこなんですが・・・・
獲ってどうするんでしょうか・・・?
・・・食用?

銀行1完了

【クレナ】
 はい、お疲れ様でした。
 確かに、クエストの完了を確認いたしました。
 それでは、こちらの書類に、必要事項をご記入いただけますか?

☆リン・ドール♪の冒険・第12話<完>
<<第13話目次第11話>>

テーマ : RED STONE ジャンル : オンラインゲーム

11:05  |  RS・♪の冒険  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.04 (Mon)

クレンドルの研究

~第11話~ リン・ドール♪の冒険

【クレンドル】
 ああ><
 どうしよう・・・
 ここまで来たものの、何度行ってもサンプルを手に入れる事ができない・・・><
 サンプルを手に入れなければ・・・いつまでたっても卒論を仕上げることができないよ・・・;;

古都クレンドル

街のはずれの、そのまたはずれで、その若い男は悩んでいた。
服装はスマグのウィザードのものだが、見かけは若く、そして見るからに頼りなげだった。

【リン・ドール♪】
 どうしたの?お兄さん。
 冒険者を探しているクレンドルさんって、あなたかしら?

【クレンドル】
 ああ、ありがたい。
 やっときてくれた・・・
 僕は、スマグのウィザードアカデミーのクレンドルといいます。

クレンドルの依頼

【クレンドル】
 恐ろしく強いクラゲで、僕にはまるで歯が立たないんだ。
 冒険を生業(なりわい)にしている君ならキット大丈夫。
 お願いしますね。;;

リン・ドールです。
古都の片隅にひっそりとたたずむ、NPCクレンドルさん。
モンスターを研究するにしては、古都周辺のクラゲごとき、手に入れることができないとは・・・どういうことでしょう・・・?
また、ウィザードには、レビテイトという浮遊術があり、スキル体系が確立されているはずだと思うのですが・・・?
それをいまさら研究しても・・・?
この人の設定には、少し悩んでしまいましたが、アカデミーの学生ということなら納得できそうです。
そう、おそらく彼は、アカデミーの卒業論文を書くための、研究サンプルを手に入れるために、古都までやってきたのです。^^

飛クラゲ

場所は、古都の南口から出て、ギルディル川 / ナス橋付近、ギルディル川 沼地洞窟 B1
パスィバルの指輪と、同じMAPですね。

クラゲのサンプル

必要なクエアイテムは、1個。
ドロップ率は、そこそこ良い感じでしょうか?

【リン・ドール♪】
 ただいま~
 はい、とってきたわよ。

【クレンドル】
 おおおおおおおおおおおおおおお!
 ありがとおおおおおおおおおおお!

研究の成果?

クエの報奨は、最高のアイテム・・・?
な、お話だったのですが、なんと帰還の巻物ですね。
やっぱり、彼はアカデミーの学生に間違いなさそうです。^^;

☆リン・ドール♪の冒険・第11話<完>
<第12話目次第10話>>

テーマ : RED STONE ジャンル : オンラインゲーム

23:39  |  RS・♪の冒険  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.27 (Fri)

薬草を掘る年寄り

~第10話~ リン・ドール♪の冒険

【ケリオ】
 あいたたた・・・><

【リン・ドール♪】
 大丈夫?
 おじいさん。

【ケリオ】
 ああ、すまんな、冒険者のお嬢さん。

古都の南口、ギルディル川のナス橋に向かう道端にそのおじいさんはうずくまっていた。

古都南・ケリオ

【リン・ドール♪】
 調子が悪いの?

【ケリオ】
 持病の神経痛が、チトな・・・
 薬草を集めるのが、ワシの仕事なんじゃが、・・・
 今日は、いたむのう。

【リン・ドール♪】
 私が集めてあげるよ。
 じいさん、座ってまってなよ。

薬草を採ってくるの

リン・ドールです。
古都の南口を出てすぐの所にいるおじいさん。
基本中の基本、称号・薬師Lv1を、もらえます。
このおじいさんは、セリフの中で、古都で販売しているポーションは、ほとんど自分でつくっている、なんて言っていますが、材料は冒険者に取ってもらってるみたいですね。^^;

6種類の薬草を集めるとのことですが、どう見ても薬草ではないものもまざっていますよね。^^;

すべての材料が、このマップの中で、手に入ります。
亀の卵以外は、マップのオブジェクトを、調査すれば手に入ります。
どの材料も、複数の場所で、手に入れることができます。

少し分かりにくいのが、つつじの花でしょうか?

背の低い木になる花なのですが、・・・この道の周辺は、つつじ畠ですよね。^^

調査アイコン

亀の卵は、MOBから入手してください。

【リン・ドール♪】
 はい、集めてきたわよ。

【ケリオ】
 ありがとう、お嬢さん。

薬師ゲット

この称号【薬師】・・・
レベルが上がると、ポーションを作れるようになったりすればいいのにな~?

☆リン・ドール♪の冒険・第10話<完>
<<第11話目次第9話>>

テーマ : RED STONE ジャンル : オンラインゲーム

19:57  |  RS・♪の冒険  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。