2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.25 (Mon)

一期一会

リン・ドールの初めての友録。
剣士の、Jさん(仮名)。

友録の彼が、光らなくなってもうすぐ1年になります。
(ちなみに妖精達の蜘蛛の糸で、紹介したランサーのSさん(仮名)は、友録2人目です)

出会ったのは、お互いレッドストーンを始めて、一週間ぐらい。
レベルも同じくらい、リン・ドール25、Jさん27。
場所は、沼地洞窟、パスィバルの指輪クエです。

初めてのパーティー。
初めてのチャット。
初めての取引。
初めての友録。

数日後、鉄の補給:暗号解読クエの、狼巣窟のヴァンパイアを倒せずに、Jさんに応援を頼みました。
リン・ドールのレベルは、27でしたが、Jさんは40台・・・

たった数日で・・・そのレベル差。

今であれば、どれだけレベルを引き離されようが平気ですが、そのときはショックでした。
その日、Jさんが連れてきたPTで必死にレベル上げをしました。

しかし・・・その時点で、リンはレベル上げって楽しくない。><
そう思ってしまったのです。
Jさんは、こうやってレベルを上げてきたのでしょうか?

いえ、Jさんに限らず、ほとんどの方がレベル上げ命、のように感じます。
しかし、レベル上げにどれだけ時間を費やせば、リンは彼らに追いつけるのでしょう?
毎日インしていても、一日に1~2時間。
すべての時間をレベル上げに当てたとしても、イン時間がもっと長い方にはかないません。

レベル上げしなくても、各々そのレベルで、楽しめるはずじゃないの?
そう考えるようになったのは、その頃からです。

Jさんは、レベル100を超えたあたりで、インがなくなりました。
リンと出会って1ヶ月半ぐらいでしょうか。?

会話もなく、ある日インがなくなったので、Jさんが何を思い引退されたのかは、分かりません。
2人目の友達、ランサーのSさんも、レベル100を超えたあたりで、インがなくなりました。

彼らが、何を思ったか?
リンの想像ですが、・・・レベル上げにむなしさを感じたのではないでしょうか。?

ゲームなので、どんな遊び方をしても個人の自由でしょう。
レベル上げを、否定するつもりはありません。
しかし、私達はいつかはこのレッドストーンの世界から必ず引退します。
そのときに、このゲームに費やした、自分の時間を、後悔しないでほしい。
この世界に接続するすべての人に、ただ願うのは、後悔しないでほしい。

何のためにレベルを上げるのか。?
惑わされず、自分のやりたいことを、・・・
自分が楽しいと思うことを、・・・
最優先に、してほしい。

もちろん、レベル上げも、そして引退も、その選択の一つです。

光らぬ友録は寂しいが、彼らは1歩前進したのですね。
関連記事

テーマ : RED STONE ジャンル : オンラインゲーム

19:05  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rinsmile.blog70.fc2.com/tb.php/78-366f22bb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。