2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.14 (Fri)

しゃぼんだま

♪しゃぼんだまとんだ~♪
♪やねまでとんだ~♪
♪やねまでとんで~♪
♪こわれてきえた~♪


見上げるほど高く飛んでも、シャボン玉は、必ず壊れます。

また1つ、

リン・ドールのともろくの光が消えました。;;
彼の魂は、リアの世界に帰ってしまった。
そして、友のデータは、キャラデリされた。

もう、2度と光らない。

ふつう、同じゲームを何年も続けることなど無いと思う。
リン・ドールも、RSというゲーム自体は、そんなに面白いと思っていない。
リン・ドールを、この世界にひきつけているもの。
それは、キャラの向こうに、垣間見えるリアの魂の、か細い光なのかもしれない。




いつか・・・その瞬間はやってくる。
つい、昨日まであんなに楽しかった狩も、レベル上げも、もう心を沸かせてくれない。
私たちは、いつの日か、必ずこのRS世界から引退する。
RSに費やした時間に、失ったものはなんだろう?
そして、得たものはなんだろう?
うつわの大きさは急には変わらない。
何かを始めるために、何かを捨てなくてはいけない。
何かを失うことで、何かを得ることができる。
始めることを恐れてはいけない。
捨てることを恐れてはいけない。
どの選択も、前に進むことに、かわりないよ。




少し前から、彼は迷っていたのだろう。
しかし、実は我々はみんな迷っているのではないのか?
もしくは、何かを探しているのだ。



彼と最後に会ったとき、彼の耳に伝えるかどうか・・・
まよい、結局伝えられなかった言葉がある。

引退おめでとう




彼のキャラクタデータは消えてしまったが、古都の喧騒は、いつもと同じだ。
いつもと同じだが、そこにいるキャラクタたちは、毎日毎時変わっている。
毎日、冒険者たちは引退し、そして新しい冒険者たちがやってくる。




いつの日か、リン・ドールも引退するだろう。


そして、誰かのともろくのなかで、光らない名前になるのだ。

かつて友であった彼の魂に、・・・
そして、この世界から引退したすべての魂たちに幸あれ。

                 リン・ドール、古都の片隅にて、友想う
関連記事

テーマ : RED STONE ジャンル : オンラインゲーム

タグ : 調べに乗せて

21:28  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rinsmile.blog70.fc2.com/tb.php/124-9ce6c56f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。