2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.08 (Mon)

たすけて、か~りん!(神秘な力の宝石)

久々に、リンズストーリー入れてみました。
例によって、ソリッド&ハニーの、つかず離れずのラブストーリーもどき・・・


後半かなりやっつけ感が漂っているような・・・




気がするかもしれませんが、気のせいと思ってください・・・




(つまり、行間を読んでくださいというお願いです><)


◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇


魔法都市スマグにあるウィザードギルドを出たところで思案気(しあんげ)な顔をした女性とであった。

スマグ・カリン・デイス

【カリン・デイス】
 ソリッド君?
 リン・ソリッド君じゃない?

【リン・ソリッド】
 ん・・・?

そういえばどこかで見た顔だ・・・けど、どこだっけ?

【カリン・デイス】
 うわ、ちょっとショック~><
 まあ、ソリッド君にはハニーレモネードがべったりだったから、私のことおぼえてないかも知れないけどね・・・ 

ああ、そうか。
ウィザードアカデミーに進んだ、カリンだ。

たすけて、か~りん

【リン・ソリッド】
 ああ、カリンか・・・すっかり見違えたよ。
 久しぶりだな、元気だったか?

【カリン・デイス】
 へへ、まあまあね。
 今チョット、提出しなきゃいけない課題のサンプルがうまく集まらなくてね。^^;
 ここであったのも、何かの縁。
 手伝ってよ。

【リン・ソリッド】
 ふん、冒険者が断るわけは無い・・・が、報酬はきっちりもらうぜ。

ドダンジョンへ

【カリン・デイス】
 ソリッド君が引き受けてくれるんだから、張り切って用意しておくわよ。^^

ハンヒ山脈ドレム川付近

【リン・ソリッド】
 河口ダンジョンで素材を集めてくればいいんだな?
 ・・・

ハンヒ山脈ドレム川付近・ド・レ・ミ

まずは、河口ダンジョン・ドに向かへば良いようだ。

ド河口D

ほとんど人影の無い洞窟で黙々とMOBを狩る。
以前はもう少し、冒険者がいたような気がするのだが・・・

ドブレイガー

クエストを遂行するには都合のいい過疎具合だが、まったく人影を見ないのもつまらないものだ。
程なく目的の宝石を手に入れた俺は、中間報告のためスマグに戻ることにした。

ドファントム

【リン・ソリッド】
 ・・・一つ訂正、ハニーレモネードはただの幼馴染だ・・・

レダンジョンへ

【カリン・デイス】
 あらw
 ムリしなくていいわよw

レ河口D

そういえば、長らくハニーレモネードと一緒に行動していないが、今頃何をしているのだろう?

レリザキリ

風のうわさにプリメのGM代行を引き受けたとは聞いているが・・・

レリザルパ

【カリン・デイス】
 さすがね、あぶなげなく集めてくれるのね

ミダンジョンへ

ハニーレモネード・・・
お互い冒険者稼業に身を投じて久しい。

あの娘は今

カリンがいうような間柄ではなかったが、幼馴染かつ一つ屋根の下で暮らしてきたあいつは、気になる存在だった。

・・・いろいろな意味でだが・・・

ミアクアクロラ

【カリン・デイス】
 とうとう、最後のダンジョンね。
 ふふ、ふぁいと~!

ラダンジョンへ

あいつは今、どこにいるのだろう?

090ラ河口D

♪ここにすわってくれ~♪
♪あしをくんでくれ~♪
♪たそがれに、かおをむけてくれ~♪


そんなことを考えていたとき、目の隅に捉えた影があった。

091ラキャストメロウ

♪そのゆびでかみを、かきあげてくれ~♪
♪ダーリングダーリングダーリング♪


まさか、あれは・・・

092ラメロウ玉

【リン・ソリッド】
 おい、おまえなんだって、こんなところにいるんだ?

093ラキャスハニ

【ハニーレモネード】
 あら?
 ソリッドじゃない!
 って、おまえって何よ、気が早いわよっ!
 ハニーって呼んでね。

【リン・ソリッド】
 まさか、邪魔しに来たんじゃないだろうな?

【ハニーレモネード】
 ふふ、気になる?
 もしかして私のことが気になる?

【リン・ソリッド】
 おまえも相変わらずだな。
 いなけりゃ気になるが、会うとイライラする。
 ウィザードアカデミーに進んだ、カリンって居ただろ?
 あいつの依頼でクエをしてる。
 邪魔すんなよ・・・

【ハニーレモネード】
 へえ~
 カリンのね。
 ・・・
 私はこの洞窟に眠る財宝のうわさを聞いてやってきたのよ。
 そうだ、カリンのクエスト手伝ってあげるから、私の財宝探しを手伝いなさい。

【リン・ソリッド】
 何をかってに・・・

【ハニーレモネード】
 いいわね。
 決まりよ!

【リン・ソリッド】
 まったく・・・

♪これからいうことを、きいてくれ~♪
♪わらわないと、やくそくしてくれ~♪


094ラキャス玉

♪あなたがほしい、あなたがほしい~♪
♪あなたがほしい、あなたがほしい~♪
♪ダーリングダーリングダーリング♪


100たすけた、か~りん

【カリン・デイス】
 お帰りなさい^^
 約束の報酬よ・・・
 あら?
 ソリッド君、やっぱりハニーレモネードと一緒だったのね。@@


♪ぼくにはもう、あなたしかない~♪
♪よるがきても、あさがきても~♪
♪はるがきても、なつがきても~♪
♪あきがきても、ふゆがきても~♪
♪ぼくにはもう、あなたしかない~♪
♪ダーリング♪




◇クエストメニュー


◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇

このエントリー記事・・・書き始めたのは去年の10月ぐらいなんですよね~
どんだけ時間かけてんでしょうかw
グラとか今と少し違うようですが、ご容赦を・・・^^;

◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇

※♪=ダーリング・沢田研二
スポンサーサイト

テーマ : RED STONE ジャンル : オンラインゲーム

タグ : 調べに乗せて ソリッド&ハニー編

23:02  |  リンズストーリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.24 (Thu)

ガルパラストーム

軽い転送酔いの後、目の前のGVフィールドを眺めた。

仲間達も次々と転送されて来る。

 <!>はじけるレモンの香り、ハニーレモネード!^^ノ

私の叫び声を合図に仲間達の名乗りが続く。

今まで何度も参加してきた姫祭りだが、プリメのギルドマスターとして参加するのは今回が初めてだ。

ついに始まったのだ、私の姫祭りが。

いや、私達の姫祭りだ。

 「斥侯隊、索敵を!」

数人の姫が飛び出してきて、ウサギ変身を使った。

そして四方に散って行く。

 「敵を見つけたら、座標を教えてね」

 「マスター、今日の作戦は?」


後ろの仲間達から声が届いた。

 「そうね、・・・奇襲かな?」
 「先制攻撃よ。」


後ろも見ずにそう答えた時、ひょっこり顔を覗き込んできた姫がいた。

 「険しい顔ね、ハニー」

 「レイミア・・・」

 「私も自分のギルドのGVの時はそんな顔をしていたのかしら?」


同じ武器プリ仲間で、・・・そしてギルド【時の住処】のギルドマスターだ。

 「そんなに、・・・険しい?」

 「そうね、カリカリしてる」
 「後ろの、あなたの仲間達の顔をみてごらんなさいな」
 「みんな、遠足前の子供のような顔をしてるでしょ?」
 「あなたも、以前参加した時は、あんな顔をしていたはずよ、ハニー」

 「レイミア・・・」

 「たしかに、あなたはまだレベルも低くて、そしてはるか高レベの姫たちを従えて戦うのに、プレッシャーを感じるのは分かる」
 「でも、レベル上げにはあなたの求めるものはなくても、プリメにはあなたの求めるものがあるんでしょ?」
 「誰もあなたのレベルのことなんか、気にしていないわよ、ハニー」


たしかに、大事なことを忘れかけていたのかもしれない。

 「あなたが、いちばん楽しまなきゃね、ハニー」 

 「ありがとう、レイミア」


そう答えようとした時、ギルドチャットのレシーバーから声が聞こえた。

 <みつけたわよ、座標 ※.※ の付近よ>

 「みんな!でっかい花火を上げるわよ!」
 「武器変身用意!」
 「パーティーごとに武器変身で合体して、ウサギで一点突入!」
 「敵陣中央で全員変身解除!」
 「そして、全員でガルパラよ!」
 「敵のCPを吸い尽くして、マイナス5桁を見せてあげなさい!」



◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


ということで、いつものように妄想ストーリーでございます。^^

次回の姫祭りはまだまだ先の話ですけどね~

ま、ハニーレモネードの会話とか想像するとこんな感じだろうか?みたいなやつですね。^^;

あ、あとレイミア様とは・・・

★>>星屑ロンリネス

こちらで連載されているマンガ『左手に君を』の登場人物、ギルド【時の住処】のギルドマスター&武器姫さまです。^^

テーマ : RED STONE ジャンル : オンラインゲーム

タグ : はじけるキャッチフレーズ委員会 第6回姫祭り

00:29  |  リンズストーリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.13 (Wed)

古代王国の農業法

【ハニーレモネード】
 この砂漠を抜けると、廃墟のダメルね・・・

アリアンを南下しデフヒルズを抜けると、目の前にはガディウス大砂漠が広がっている。
冒険者稼業に身を投じて以来、何度目の訪問だろう?
初めてダメルを訪れた時は、高レベルの術者に護衛をしてもらいながら、やっとたどり着いたものだが、兎変身を覚えてからは、1人でも平気で行けるようにはなった。

【ハニーレモネード】
 もちろんあいつと一緒の方が・・・楽しいけどね。

幼馴染の顔を思い浮かべて口ごもる。

・・・最近一緒に行動していないな・・・

いや、いい。
今は目の前のミッションに集中しろ。
私は術を使う力を回復させると、兎変身を使い・・・
そして砂漠に向かってダッシュした。

◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇

ダメル・ステンリー・不明本

【ハニーレモネード】
 ステンリーさん、おひさしぶり~♪

【ステンリー】
 おお、ハニーちゃん、ひさしぶり^^
 最近ちっとも姿を見せないもんだから、さみしかったよ~


【ハニーレモネード】
 ああん、ごめんなさい、ステンリーさ~ん。^^
 最近チョット忙しかったのっ。^^
 ごめんね~でもでもでもハニーもステンリーさんの事、一度だって忘れたことなんてないわよ~。


【ステンリー】
 うほほ、そ、そうかい?

ステンリーの依頼

【ハニーレモネード】
 じゃあ、この本をシュトラに持っていけばいいのね。
 任せといて。^^ノ


正体不明の本

【ステンリー】
 もちろん、ハニーちゃんに任せちゃう~♪

フランデル大陸の各都市をつなぐ、テレポーターネットワーク。
そのネットワークに参加していないダメルには、訪れるのも大変なのだが・・・
ギルドと契約していれば、帰るのは簡単だ。
私は時計を使いギルドホールへと、転移した。

テーマ : RED STONE ジャンル : オンラインゲーム

タグ : ソリッド&ハニー編

23:03  |  リンズストーリー  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.06 (Wed)

冒険家アベル

♪さみだれは、みどりいろ~♪
♪かなしくさせたね、ひとりのごごは~♪



 「リン・ソリッド!」

学校からの帰り道、運河の水面(みなも)を、眺めるのが俺の日課だった。

 「おい、リン・ソリッド!」

聞こえていないわけではないが、毎度のことなので返事をするのがおっくうなんだよね。
どうせ、俺に話しかけることといったら・・・・

 「あ、先輩、すみません、気がつきませんでした。」

 「どうした、ボーっとして、悩み事なら相談に乗るぞ。」

 「ありがとうございます、先輩。」
 「でも、大丈夫ですよ、特に悩み事があるわけじゃ、ありませんから。」

 「そ、そうか、ところでおまえハニーレモネードと一緒に住んでるんだって?」


やっぱり、これか・・・
 「ええ、まあ、・・・」
 「お互いに、両親を無くしているのですが、いとこたちすべての面倒を、姉さんが見てるんです。」

・・・何度聞かれて、何度説明しただろう・・・
もちろん、この先輩に聞かれて説明するのは、初めてなんだが・・・

 「や、やっぱりあれか?」
 「お風呂とか一緒に入るのか?」

 「せんぱ~い、僕らいくつだと思ってるんですか、がきんちょじゃないんですよ。」

ま、確かに小さい頃は、入ってた記憶もある。・・・

その後は、いつものやり取りを繰り返し、・・・お決まりの、手紙を頼まれた。

みんな俺に、話しかけてくるのは、こんな話ばかりだ。
男子が話しかけてくるときは、ハニーレモネードのこと。
女子が話しかけるくるときは、ベルヌーイの定理か、ステキな笑顔に手紙を渡してくれだ。


♪ほうかごのこうていを、はしるきみがいた~♪
♪とおくでぼくは、いつもきみをさがしてた~♪



 「ねえ、ソリッド?」

その悩みの種のひとつがやってきたようだ。
 「なんか、ようか?」

 「あら?ようがあるのは、ソリッド、あなたではなくて?」

 「いつものように、手紙を預かっている。」

そういいながら、俺はハニーレモネードに紙の束を渡した。

 「1、2、3、・・・14通か、・・・ソリッドのは、この中にはないの?」

まったく、いつもいつもこの女は!
 「無いに決まってるだろ!」
確かに美人だとは思うが、・・・本人は意識しているのか、いないのか?
天才的な男へのこびは、いただけない。
過去撃沈して行った男達の数は、半端じゃない。

 「そう、ざんねんね。」
 「でも、いつかは熱烈なやつを書いてね。」

 「で、なんのようだ?早く本題にはいれよ。」

 「きょう学校に、ティアラがきてなかったでしょ。」

 「ティアラ・・・」

一瞬考えたが、確かあの冒険家アベルの娘だ。

 「そうか?となりのクラスなんで、気が付かなかったけど・・・」

 「さっき、ティアラの家まで行ってきたんだけど・・・」
 「お父さんが、帰ってきていないんだって。」

 「冒険家なんだろ?帰ってきてなくてもおかしくは無いんじゃないか?」

 「それがね~グレートフォレストで連絡が途絶えたみたいなのよ。」

 「まさか、ハニーレモネード?おまえ・・・」

 「そうよ、私達で助けに行きましょう。」

 「・・・」


・・・俺も、振り回されっぱなしだな、・・・


♪あさいゆめだから、むねをはなれない~♪
♪いまもはなれない~♪



冒険家アベル

はい、リンのキャラクター達はですね~必ずこのクエを、レベル46で受けることになってます。
このクエの経験値を逆算して、クエのクリアで、レベル47になるようにプレイするようにしています。

その理由とは!

冒険家アベルの報酬

これですよ、これ!
このクエスト、冒険家アベルの報酬です。
例によって、移動速度オプションの靴です。^^ノ
やっぱり、もえもえです。

この靴を履くことができるレベルになるときに、同時にこの靴を手に入れるためにレベル46で受けるんですね。

ま、ほんとは、ここまでこだわる必要なんか全く無いんですが・・・^^;


>>マップはこちらを参照
※♪=初恋(村下孝蔵)

テーマ : RED STONE ジャンル : オンラインゲーム

タグ : 調べに乗せて ソリッド&ハニー編

19:59  |  リンズストーリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.28 (Tue)

復讐のアーチャー

♪よづゆにぬれる、もりをぬけて~♪
♪しろいバルコニー、あなたをみた~♪


「・・・!」

幼馴染の彼女の名前を叫ぶ所で、目が覚めた。
しばらく見ていなかったこの夢を、また見たのか・・・

♪すがるような、ひとみと~♪
♪かぜにゆれる、ながいかみ~♪
♪ときめくであいに、むねは、はりさけそう~♪


あの後、彼女はこう言った。

「リン・ドール、あなたは復讐を考えては、ダメよ。」
「あなたには、幼い弟達がいて、彼らを養う義務があるわ。」

先の戦役で、両親をなくし恋人を失い・・・
ここまでは同じだが、私には幼い弟達が残り、彼女は天涯孤独の身になった。
それでも、悪魔に蹂躙されたあの街で、話を聞けば十中八九似たり寄ったりの話を聞けるだろう。

当時私は、炎の魔力を封じ込め紅く光る槍を手に入れたばかりの頃だった。
私はランサーで、彼女はアーチャー。
私も彼女も、まだまだ駆け出しで、十分な戦力とはいえなかったが、あのときの部隊は、みんな見習い新兵だった。
非戦闘員の逃げ道を確保するためのおとり、それが私達の役目だった。
だが私達は、非力だったのだ。
私の弟達は逃げ切ることができたようだが、彼女はすべての家族を失った。
目の前で、両親を、恋人を、家族を、すべて失ったのだ。
部隊のほかの仲間が倒れ、逃がすべき非戦闘員をも失ったとき、私は自身が逃げるべきだと思った。
狂ったように、矢継ぎ早で攻撃する彼女を、引きずるように戦線を離脱し、森の奥の洞窟に身を隠したのだ。
もっとも、途中で私は深手を負い、洞窟には、彼女によって担ぎ込まれたのだが・・・

洞窟にたどり着いた後、私は崩れるように眠り込んでしまった。
彼女は、一晩中起きていたようだ、私にかすかに意識が戻ってきた時。

「リン、あなたの槍を借りるわよ。」

鎧を脱ぎ捨て、上半身裸になった彼女が言った。
返事を待たずに彼女は、私の炎の槍を逆手に持ち自分の乳房を切り落とし、槍から出る炎で傷口を焼いたのだ。

「・・・!」

幼馴染の彼女の名を叫び、いつもここで目が覚める。
その後の記憶はあやふやで、実は彼女の名前も思い出せない。
夢の中では、彼女の名を、呼んでいるのだが、目が覚めると思い出せない。

高レベルの、アーチャーが乳房を切り落とすのは、時々聞く話だ。
弓の弦は、自分に当たればとんでもなく痛い。
いや、痛い以前に自分の体に当たることによって戦闘力が低下するのだ。
普通は、チェストガードによって胸を保護するのだが、高レベルになるとそれでは物足りなくなるのだろう。
だが当時の彼女は、駆け出し。
だいたい切り落とすときはあんな不衛生な場所ではなく、当然、麻酔もかけて切り取る。
彼女は、復讐の誓いを自分の体に刻むために、あえて、そうしたのだろう。

その後、彼女に会うことはなく、今に至っているのだが、・・・・

♪oh、メリーアン~♪
♪とつぜん、どこへきえたのか~♪


彼女は、生きているのか、死んでしまったのか?
思いを遂げることは、できたのだろうか?

♪あらしのさった、まなつのよる~♪
♪あなたのすがたを、もとめあるく~♪
♪ゆめからさめたぼくの、むねにのこったまぼろし~♪
♪だれもがとおりすぎる、みちしるべか~♪



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


え~、リンズカフェ初の、小説風です。
あるブログで、キャラの死体の話があり、アーチャーの死体は足を閉じていない云々、というコメントがありました。(こちら)

そこから連想して、アーチャーの死体 → 足を閉じていない → 女を捨てている

その後短絡させて、アーチャー → 女を捨てている

その捨てるプロセスを、妄想してると、こうなってしまいました。^^;

最初は、リン・ドールの幼馴染のアーチャーは、ゲームの公式ページから拾ったアーチャー/ランサーの設定とあわせて、メインクエストのエリアンにしようと思っていたのですが、エリアンはランサーのようなので、・・・
他のキャラを持ってくるにしても、チョット思いつかなかったので、名前無しにしちゃってます。

このレッドストーン界に命(めい)を、受けたものが持つ宿命の、ようなものをストーリーに入れてみたかったのですが、そこはうまく入ってないみたいですね。^^;

ちなみに、このストーリー内でリン・ドールの持ってる炎の槍は、これですね。
炎の槍

紅く光る、おしゃれ槍よ。^^ノ

それにしても、リン・ドールちゃん、こんなに暗い過去があったとは!
中の人もびっくりです。


※♪=メリーアン・THE ALFEE

テーマ : RED STONE ジャンル : オンラインゲーム

タグ : 調べに乗せて

22:23  |  リンズストーリー  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。